小倉城竹あかり ドキュメンタリー動画

Future Studio 株式会社は、小倉城竹あかり実行委員会から委託を受け、コンセプト動画を制作しました。実行委員長の取材を中心に、参加する人たちの声をあつめ、そこにかける想いを映像にしました。

「竹害から竹財へ」かつて竹は、生活の中でさまざまなところに利用され、日本人の日常生活にかかせないものでした。竹は元々生えていたのではなく、人の手で植えられ、建築や文房具、食用などの産業を生み出しました。しかし、技術の進化に伴い、竹はプラスチックや鉄などに置き換えられ、やがて美しかった竹林は荒れ放題となり、放置竹林を生み出し、現在ではさまざまな問題が発生しています。その竹を活用きっかけとして、新しい観光イベントや産業を生み出そうとしているのが「小倉城竹あかり」です。


クライアント:小倉城竹あかり実行委員会

【制作スタッフ】
ディレクター:岡 浩平
撮影:岡 浩平/馬場 祐吏(昨年度の一部映像)

【制作価格】
300,000円

あわい と おもい

映像作品「あわい と おもい」を企画制作しました。この映像は、新型コロナ感染症の蔓延が問題になりはじめた頃に制作したものです。わたしたち自身は何も変わらなくても、周りの環境が変わってしまえば、わたしたちはこれまでの様にいられなくなる。どんな人でも無力になる人間の弱さを痛感し、映像で表現しました。

人と人の間にある「あわい」を表現

書家の栗原光峰氏から、書にはふたつの間があるという話を伺いました。
ひとつは、墨のグラデーションで、墨汁の黒と紙の白の間に無限のグレーがあるという話。
もうひとつは、一筆目を紙に置いた瞬間から、紙の空間で筆がどのように伸びて、次の二筆目以降をどこに置くか全てが決まるという話。

この話にインスピレーションを受け、作品テーマとタイトルが決めました。
人はひとりで生きていくのは辛く、自分以外の他者を必要とします。そして私と他者の「間」には関係性であったり、環境であったり、空間であったりと、二者以外の要素である「あわい」が存在します。二者はなんらかの思考の元に日々を過ごしているので、その人の思考を想い「おもい」とタイトルにしました。言い換えるなら「環境と人」です。

書について

どんなことも止まらず、移り変わっていくのが世の常なので、「生々流転(せいせいるてん」と書いてほしいと依頼しました。すると栗原氏より、もっと人の想いを込めたいということで「悉想(ことごとくおもう)」が足され「生々流転悉想」となりました。

出演

書家 栗原 光峰
尺八 山崎 箜山
箏 宮本 直美

制作スタッフリスト

企画/脚本/撮影/編集 岡 浩平
撮影/タイトルアニメーション 馬場 祐吏
タイトル書 栗原光峰

北九州空港PR動画制作

北九州空港を海外に向けてPRするための動画を制作しました!

人の往来では福岡空港に劣りますが、物流拠点空港としては、どんどん成長しており、取扱量も年々増えています。
その中でも特に優れた7つをフィーチャー
・ロケーション
・交通の連携
・近郊の産業
・24時間利用が可能
・シーアンドエアー輸送
・MOUパートナーシップ
・将来の可能性

北九州空港は全国でも少ない24時間稼働できる空港で、
時間の制限なく荷物を受け入れることができます。
今後ますます活発になっていく国際貨物便にも対応しています。

制作概要

伝えたい情報の量がかなりありましたので、
アニメーションを使ってわかりやすく説明することにしました。
冗長に感じない様にアップテンポな音楽を採用しました。

元のナレーション台本は弊社で製作しました。
市の職員の方が、英語の翻訳からナレーションまで1人でこなされました(すごい人はすごい!)。

英語版、日本語版を作成しました。

絵コンテ

完成動画はコチラ

制作スタッフ

ディレクター/撮影/台本/編集/ 岡浩平
グラフィック/アニメーション 馬場祐吏

制作費用

MOU締結式 動画撮影 50,000円
脚本・台本作成 100,000円
グラフィック・アニメーション作成 250,000円
動画編集費 100,000円

到津の森公園 岩野俊郎園長退任記念講演会

到津の森公園の立役者、岩野園長の退任記念講演会を撮影し公式チャンネルに公開しました。

北九州市が運営するSNSアカウントのCM用の動画を製作しました。
短い時間で多くの方法を伝える必要があったので、実写ではなく、イラストを使ったアニメーションで提案いたしました。
今回は様々な場所で放映されることを想定し、縦長・横長の2パターン作成。
北九州市本庁のロビー・小倉駅内のデジタルサイネージで放映されています。

ナレーションは、AI音声合成技術を使った「Voicepeak」を使用しました。
短期間でも効率良い製作が出来ました。

クライアント

到津の森公園

製作期間

3日間

制作費

100万円

無料見積りフォーム

北九州市公式SNSアカウントCM用動画

イラストを製作しコミカルなCM用動画を制作

北九州市が運営するSNSアカウントのCM用の動画を製作しました。
短い時間で多くの方法を伝える必要があったので、実写ではなく、イラストを使ったアニメーションで提案いたしました。
今回は様々な場所で放映されることを想定し、縦長・横長の2パターン作成。
北九州市本庁のロビー・小倉駅内のデジタルサイネージで放映されています。

ナレーションは、AI音声合成技術を使った「Voicepeak」を使用しました。
短期間でも効率良い製作が出来ました。

クライアント

北九州市

製作期間

1ヵ月

制作費

100万円

無料見積りフォーム

logo